コンパニオンイベントのあるあるを大公開!

男性から見られたり誘いや写真を撮られることもあった

学生時代イベントコンパニオンの仕事をしていた男性から見られたり誘いや写真を撮られることもあった辛いことも良いこともあったが楽しくやりがいのある仕事

登録会社からも、お客様からのそういった誘いには乗らないようにと厳しく言われています。
もしも何らかのトラブルに遭ったら、会社の責任になるからです。
それでも相手がタイプの男性の場合は、アルバイトを辞めてから連絡していた人もいました。
辞めてしまったら、何をしても会社に迷惑をかけることはありません。
上手にそこで知り合った男性とお付き合いしていた子もいます。
ほかにも、ひたすらこちらの写真を撮っている男性も何度か見かけました。
個人にカメラ撮影されるのも仕方ない仕事と言えます。
その写真をその男性がどうするのか、気になるところです。
変な趣味に使われていなければいいのですが、そうしたリスクもあるのはこの仕事の苦労とも言えるでしょう。

そういうときは逃げるように場所を変えるようにしていました。
私はこの仕事で辛かったのは、ハイヒールをずっと履いていなければならないことです。
これもコンパニオンあるあるだと思いますが、やはり立ち姿が大切になってきます。
立ち仕事がほとんどですが、常に腹筋に力を入れて背筋を伸ばして綺麗な立ち方を意識しなければなりません。
それをハイヒールで続けるので、足が痛くなってくるのです。
ヒールの高い靴を履くのは、この仕事のお決まりと言えるのではないでしょうか。